--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018
01.01

2017年を振り返って

Category: 年間総括
2017年、前半はそこそこも本を読んでいたはずですが、主にソシャゲ(あんスタ、FGO)にはまっていてそれでも例年よりは少ないなぁと思ってたところ後半まさかの将棋(主にネット中継観戦)にどハマリするというびっくりな一年でした。

きっかけはもちろん世間で話題の藤井フィーバーではあるものの、私の場合、連勝が終わった8月あたりふと将棋が話題だったなぁとニコニコで将棋を検索してしまい、"棋士×人狼"という動画を見てしまったのが運のツキ。そこから棋士の人たちに興味が出て、ネット中継をやっているようなので気軽に見てしまいそこでルールも全くしらないのに解説の楽しさに惹かれてしまいました。人によって違うと思うのですが、私の場合は完全に解説のおかげで、ゲーム知らないのにゲーム実況は好きだーみたいな感じである意味異色だったかもしれません。そこで一度解説者が好きになってしまうと言ってることが理解したい、ルール覚えたい、覚えるためにアプリで勉強、あ、もしかして面白いかも?みたいな感じで、ずぶずぶはまっていきました。

ところで私は、一度何かにはまってしまうとそれ以外のことにアンテナが効かなくなり、本を読まないだけでなくそこら辺の話題すらも入ってこなくなって、もちろんソシャゲも大分ご無沙汰になりました。ただFGOに関しては空いた時間にちょいちょいやるだけで良いので続けられています。その点ランキング形式のやつはどうしても時間が必要なのできついです。一度離れてしまえば再開する機会が中々ないのもまた私です。
若干脱線しますが時間に追われてするゲームははまってるうちは本当に楽しくて、寧ろ自分がゲームを追っている感覚で、自分が追い付くまでにどんどん更新して!くらいに考えていて、ただそれがある時期を境に追いかけるのがしんどいに変わることがあり、私の感覚ではそこが考え時かなと思う時もあります。私が飽きっぽいだけかもしれないけれど。

そんなわけで2017年、本はどこへ行ったのやら、ソシャゲと将棋にはまった一年だったといっていいでしょう。相変わらず将棋(主にネット中継)にはまっていて自分の中でこのブームは今のところまだ去りそうもありません。ただソシャゲの頻度は大分減っているので、2018年は将棋と本の一年だったといえるくらいには本を読みたいです。

本の感想を書きたい意志だけはあるので、その際はまた宜しくお願いいたします。


2018年1月

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2017
01.01

2016年ざっくり総括

Category: 年間総括
明けましておめでとうございます。
2016年、いかがお過ごしでしたでしょうか。
ざっくりですが自分なりに一年を振り返ってみたいと思います。

大まかにいうと、去年からハマり続けていたのが、「本好きの下剋上」と「あんスタ」で、まさかハマるとは思わなかったのがコナン映画「純黒の悪夢」、ここからコナン原作大人買いとまではいかなかったけどフールで原作回オール視聴しました。ハマるべくしてハマったよね作品が、「ジョジョ4部」と「モブサイコ100」。ジョジョは原作を知らないまでもアニメは一部から観てて面白いなーと思ってたのに、4部に入ってドはまりしました。現代軸で日常+異能力バトルものという私の好みド直球の内容でした。
モブサイは、ワンパンが好きだったので気にはなっていたものの、それまではスルーしててアニメをきっかけにえいやと観てみたら、案の定というかそれ以上にハマりました。始めは絵柄の雰囲気もあってかギャグものかと思っていたんですよね、しかし蓋を開けてみるとわりとシリアスみがあって、超能力ものではあるけど単純に力の話ではなくそれに伴う心の動きの方がメインだったり、それぞれのキャラの生き方を描いた作品のように思いました。ちなみに"まんがわん"というアプリで無料で読めます。


【本の話】
2016年の印象に残った本

宮木あや子「あまいゆびさき」「官能と少女」
村田沙耶香「コンビニ人間」「殺人出産」
伊坂幸太郎「死神の浮力」「ガソリン生活」「残り全部バケーション」
有栖川有栖「鍵の掛かった男」
阿部智里「玉依姫」(八咫烏シリーズ5)

講談社タイガ 「エチュード春一番~」荻原規子
ビーズログ文庫「空と鏡界の守護者」小椋春歌

読んだ冊数からいえばラノベの方が多いと思うんですが、印象に残ったのがわりと一般の方だったりした。
新規としては宮木あや子さんと村田沙耶香さんに出会えた印象的で、後、一時期離れていた(去年も言ったかもしれない)伊坂さんの本がどれも楽しく読めた。最近すごく好きです。
ラノベは、主に少女小説になるけど、作品というより作者が好きで作者買いというパターンが多くて、特に糸森環さん、宮野美嘉さんは安定して好きですね。新規としては「空と鏡界の守護者」が面白かった。恋愛ものというより魔法学園もので、落ちこぼれ劣等生だけどメンタル強めな少女と天才だけど精神弱めなわんこ系ヒーローな少年たちが頑張る話。恋の話と並行して男同士の友情、女同士の友情も詰め込まれてて、先生組は先生組で特殊な関係性もあって続きが読めたら!と思うほど面白かったけど3巻で完結してます。キレイに終わってますのでぜひ。

「本好きの下剋上」は去年から続き殿堂入りの好きでもう言うこともないのですが、今年は同じなろうで好きな「謙虚・堅実」がコンスタンスに更新されて大変良い感じでした。

【映画・舞台の話】
2016年に観た映画、舞台。わりと観に行ってました。

舞台『黒子のバスケ』(ライビュ)
映画『遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』
舞台『ハイキュー~頂きの景色』[再演](ライビュ)
映画『名探偵コナン~純黒の悪夢』
舞台『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』(ライビュ)
舞台『ダンガンロンパ THE STAGE~希望学園と絶望の高校生~2016』
映画『シンゴジラ』
映画『君の名は。』  
映画『ファンタスティック・ビースト』

映画は、まあほとんどアニメかオタク系映画ですが。今年は多かったですね。
こうしてみると話題作はわりと網羅してるのでは。


【ソシャゲ...】

あんスタに捧げた一年だった。

いや、正直、お金に関しては全く後悔はないのだけど、時間が、時間がですね。
落ち着きたいとは思っているのだけど、あんスタさん自体には飽きそうにありません。
せめて他ソシャゲなどもってのほかだと思っているのでFGOさんにはハマりたくない。
ハマらないよう空き時間にちまちまやれたらなぁと思っています。(何かのフラグではない)


【最後に】

読んで下さりありがとうございました。
なんだかんだで最新のビックタイトルに食いつき楽しんでいるように思います。

2017年こそはもう少し本を読みたいです。

Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。