FC2ブログ
2019
05.06

「地下道の少女」アンデシュ・ルースルンド

Category: 本の感想

強い寒波に震える真冬のストックホルム。バスに乗せられた外国人の子ども43人が、警察本部の近くで置き去りにされる事件が発生した。さらに病院の地下通路では、顔の肉を何カ所も抉られた女性の死体が発見された。グレーンス警部たちはふたつの事件を追い始める。難航する捜査の果てに、やがて浮かび上がる、想像を絶する真実とは? 地下道での生活を強いられる人々の悲劇を鮮烈に描く衝撃作。本邦初訳。解説/川出正樹
内容(「BOOK」データベースより)

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2018
05.06

「探偵が早すぎる (上)」井上真偽

Category: 本の感想

父の死により莫大な遺産を相続した女子高生の一華。その遺産を狙い、一族は彼女を事故に見せかけ殺害しようと試みる。一華が唯一信頼する使用人の橋田は、命を救うためにある人物を雇った。それは事件が起こる前にトリックを看破、犯人(未遂)を特定してしまう究極の探偵!完全犯罪かと思われた計画はなぜ露見した!?史上最速で事件を解決、探偵が「人を殺させない」ミステリ誕生!
(「BOOK」データベースより)

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2018
05.04

「薬屋のひとりごと 7」日向夏

Category: 本の感想

里樹妃との一件が片付いたのもつかの間、猫猫のもとに高順が厄介ごとを持ってやってくる。どんな用事かといえば、猫猫に官女試験を受けさせないかというものだった。猫猫は、半ば強制的に試験を受ける羽目になる。新しく医官付の官女となった猫猫の前に現れるのは、面倒くさい変人軍師に厳しい上司の医官たち、それと同僚たる同じ官女たちだが―。猫猫は同僚たちにお約束の通り嫌がらせを受ける。特に、官女の首領である姚は猫猫に対して突っかかってくるのだった。
(「BOOK」データベースより)

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2018
04.22

「茉莉花官吏伝 三 月下賢人、堂に垂せず 」石田リンネ

Category: 本の感想

「わたし、禁色を取りに行きます」皇帝・珀陽に文官の高みを目指す宣言をした茉莉花。その決意を受け、珀陽が茉莉花に命じた赴任先は―皇帝位を巡る内乱の危険性をいまだに残す“赤奏国”だった!赤奏国へ貸し出された茉莉花は、皇帝の暁月に国の建て直しと敵軍との「和平交渉」を任されるが、荒れた王城は人も物資も足りないものばかりで!?
(「BOOK」データベースより)

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2018
04.15

「閻魔堂沙羅の推理奇譚」木元哉多

Category: 本の感想

俺を殺した犯人は誰だ?現世に未練を残した人間の前に現われる閻魔大王の娘―沙羅。赤いマントをまとった美少女は、生き返りたいという人間の願いに応じて、あるゲームを持ちかける。自分の命を奪った殺人犯を推理することができれば蘇り、わからなければ地獄行き。犯人特定の鍵は、死ぬ寸前の僅かな記憶と己の頭脳のみ。生と死を賭けた霊界の推理ゲームが幕を開ける―。
(「BOOK」データベースより)

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
back-to-top