FC2ブログ
2019
01.02

2018年読書総括

Category: 年間総括
2018年振り返ってみると、『翼の帰る処』から始まってました。読む前からのハードルがめちゃめちゃ高かったのですが予想通り面白かったです。弱い弱いと言われていた主人公のヤエトくんがチート級の強さでした。体力はないが特殊な力と頭脳を持っているという。強い主人公大好き。世界観も凝っていて素敵で個人的にはもうちょっと続いて欲しかったなと思いました。


次にはまったのが『薬屋のひとりごと』。これも面白い面白いと言われてたものの、自分の中で全くピンと来ず延々と先伸ばししていたものの、読んでみたらめちゃくちゃ面白くてでも続きがなぜか書店に見当たらずもやもやしながらやっとこさ集めて即読みました。花街で薬師をやっていた主人公が、ひょんなことから後宮の下働きをすることになり、トラブルを解決しながら、美形の宦官やら帝やらお妃やらと知り合っていき、本人は不本意ながらわりと中枢まで入り込んでいく感じ。ちなみに読む前に誰も教えてくれなかったけど内在的恋愛要素(メインは恋愛じゃないけど読む人が読めばそれはラブ)はめっちゃあります。もはやそこしか見えない。今年の一冊を選べと言われたら迷わずこれを選びます。


次に面白かったシリーズといえば『茉莉花官吏伝』。茉莉花の官吏としての成長物語。といいつつ、茉莉花とその仲間たちが次々と困難を解決していく様を爽快に見ていく物語。こういうのも大好き。現在特別に恋愛関係にあるわけではないのに将来くっつくことが確定的であろうカップルをニヤニヤしながら眺められるのも良し。


シリーズ系はこんなもんかなと。後は森博嗣さんの小説以外を多く読んだなという印象です。『読書の価値』『孤独の価値』『つぶさにミルフィーユ』『MORImagazin2』どれも読んでて安定の面白さ。今年もどんどん読んでいきたい。
他、伊坂幸太郎さんの『SOSの猿』伊坂さんの本は本当にすごい好きで、積んでる具合が多いのではよ読みたいです。若木未生さんの『永劫回帰ステルス』、糸森環さんの『お狐様の異類婚姻譚』も面白かったので続き待ってます。

振り返ってみて、やはり読んだ数としては少女小説多めなものの、新規で特に印象深いものに出会わなかったことからちょっと控えようかなという思いもちょいちょい出てます。面白ければ人気が出るでしょう。と思いつつも自分だけ面白いと思って評判は芳しくないというもののあるといえばあるし考え物ではあるんですがね。わりと前からずっと言ってますが、私は表紙に絵があり、中に挿絵がないタイプの本が苦手で、そのせいか少女小説の枠がひどく狭くなった印象があります。どうなるんですかね。

読んでる冊数としては75冊ととても少なかったので、今年はせめて100冊は超えたいと思います。


読んでる冊数が少ないので全ペタリできそうと思ったのでしました。
読書メーターペタリしただけです。
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2019
01.02

2018年11月&12月読了本

Category: 読了本まとめ
11月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1368

31番目のお妃様 2 (ビーズログ文庫)31番目のお妃様 2 (ビーズログ文庫)
読了日:11月24日 著者:桃巴
美女たまに野獣 ときどき行方不明の魔術師 (ビーズログ文庫)美女たまに野獣 ときどき行方不明の魔術師 (ビーズログ文庫)
読了日:11月22日 著者:山咲 黒
転生! 太宰治 転生して、すみません (星海社FICTIONS)転生! 太宰治 転生して、すみません (星海社FICTIONS)
読了日:11月17日 著者:佐藤 友哉
幻獣の求婚 はぐれ龍と家庭教師 (一迅社文庫アイリス)幻獣の求婚 はぐれ龍と家庭教師 (一迅社文庫アイリス)
読了日:11月10日 著者:小田 マキ
華陽国後宮史 龍は桃下に比翼を請う (角川ビーンズ文庫)華陽国後宮史 龍は桃下に比翼を請う (角川ビーンズ文庫)
読了日:11月09日 著者:九月 文


12月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1062

探偵が早すぎる (下) (講談社タイガ)探偵が早すぎる (下) (講談社タイガ)
読了日:12月30日 著者:井上 真偽
番犬従者と令嬢調停官 あなたのケンカ、仲裁いたします! (一迅社文庫アイリス)番犬従者と令嬢調停官 あなたのケンカ、仲裁いたします! (一迅社文庫アイリス)
読了日:12月24日 著者:伊月 十和
没落令嬢の異国結婚録3 (ビーズログ文庫)没落令嬢の異国結婚録3 (ビーズログ文庫)
読了日:12月23日 著者:江本 マシメサ
裏世界ピクニック ふたりの怪異探検ファイル (ハヤカワ文庫JA)裏世界ピクニック ふたりの怪異探検ファイル (ハヤカワ文庫JA)
読了日:12月10日 著者:宮澤 伊織
孤独の価値 (幻冬舎新書)孤独の価値 (幻冬舎新書)
読了日:12月02日 著者:森 博嗣

読書メーター

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
back-to-top