FC2ブログ
2015
04.10

2015年3月読了本まとめ

Category: 読了本まとめ
2015年3月の読書メーター
読んだ本の数:21冊
読んだページ数:7651ページ

ダィテス領攻防記 2―I LOVE BOY’S LOVE (レジーナブックス)ダィテス領攻防記 2―I LOVE BOY’S LOVE (レジーナブックス)
読了日:3月31日 著者:牧原のどか
ソロモンの偽証: 第III部 法廷 下巻 (新潮文庫)ソロモンの偽証: 第III部 法廷 下巻 (新潮文庫)
読了日:3月31日 著者:宮部みゆき
ソロモンの偽証: 第III部 法廷 上巻 (新潮文庫)ソロモンの偽証: 第III部 法廷 上巻 (新潮文庫)
読了日:3月31日 著者:宮部みゆき
ソロモンの偽証: 第II部 決意 下巻 (新潮文庫)ソロモンの偽証: 第II部 決意 下巻 (新潮文庫)
読了日:3月29日 著者:宮部みゆき
ソロモンの偽証〔3〕(第2部) (新潮文庫)ソロモンの偽証〔3〕(第2部) (新潮文庫)
読了日:3月29日 著者:宮部みゆき
少女キネマ 或は暴想王と屋根裏姫の物語 (単行本)少女キネマ 或は暴想王と屋根裏姫の物語 (単行本)
読了日:3月26日 著者:一肇
六花爵と螺子の帝国 (一迅社文庫アイリス)六花爵と螺子の帝国 (一迅社文庫アイリス)
読了日:3月24日 著者:糸森環
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10.5 (ガガガ文庫)やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10.5 (ガガガ文庫)
読了日:3月24日 著者:渡航
ソロモンの偽証: 第I部 事件 下巻 (新潮文庫)ソロモンの偽証: 第I部 事件 下巻 (新潮文庫)
読了日:3月23日 著者:宮部みゆき
ソロモンの偽証: 第I部 事件 上巻 (新潮文庫)ソロモンの偽証: 第I部 事件 上巻 (新潮文庫)
読了日:3月21日 著者:宮部みゆき
そして名探偵は生まれた (祥伝社文庫 う 2-3)そして名探偵は生まれた (祥伝社文庫 う 2-3)
読了日:3月17日 著者:歌野晶午
下鴨アンティーク アリスと紫式部 (集英社オレンジ文庫)下鴨アンティーク アリスと紫式部 (集英社オレンジ文庫)
読了日:3月16日 著者:白川紺子
総指揮官と私の事情〈2〉 (レジーナブックス)総指揮官と私の事情〈2〉 (レジーナブックス)
読了日:3月13日 著者:夏目みや
盟約の花嫁 (角川ビーンズ文庫)盟約の花嫁 (角川ビーンズ文庫)
読了日:3月10日 著者:徒然
総指揮官と私の事情 (レジーナブックス)総指揮官と私の事情 (レジーナブックス)
読了日:3月9日 著者:夏目みや
桜乙女と黒侯爵  双子姉妹の秘密 (角川ビーンズ文庫)桜乙女と黒侯爵 双子姉妹の秘密 (角川ビーンズ文庫)
読了日:3月8日 著者:清家未森
さよなら神様さよなら神様
読了日:3月7日 著者:麻耶雄嵩
魔王就任 (角川ビーンズ文庫)魔王就任 (角川ビーンズ文庫)
読了日:3月6日 著者:市太郎
紅炎竜と密約の執事 ~ドラゴンギルド~ (角川ルビー文庫)紅炎竜と密約の執事 ~ドラゴンギルド~ (角川ルビー文庫)
読了日:3月5日 著者:鴇六連
遺跡発掘師は笑わない ほうらいの海翡翠 (角川文庫)遺跡発掘師は笑わない ほうらいの海翡翠 (角川文庫)
読了日:3月3日 著者:桑原水菜
初恋時 - クリムゾン・ヴァンパイア (C・NOVELSファンタジア)初恋時 - クリムゾン・ヴァンパイア (C・NOVELSファンタジア)
読了日:3月1日 著者:夏目翠

読書メーター


☆面白かった本
六花爵と螺子の帝国 (一迅社文庫アイリス)やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10.5 (ガガガ文庫)盟約の花嫁 (角川ビーンズ文庫)ソロモンの偽証: 第I部 事件 上巻 (新潮文庫)


時間が経ってしまったので取りあえず記録用に。
『ソロモンの偽証』がとにかく面白かった。
一人の自殺から始まる学級裁判。正直、あらすじ読んだ時はそこまで面白そうに見えなかった。
けど、さすが宮部さん。始まりは群像風で、それぞれの登場人物たちがその事件に対して受動的に接していた。中盤の裁判編、というか実質的には裁判前の捜査編から急にキャラクターが生き生きしだす。個性的にキャラも出て来るし、なんというか登場人物が→キャラクターになったという気がした。捜査をしてるさなか、事件の謎が徐々に明らかになっていくというよりも、より深くキャラのことがわかっていくような、特に、野田くん榊原くんコンビが段々仲良くなっていく過程が、こう見てて最高においしかったですね!(個人の感想です)
謎自体は、こうびっくりドッキリというほどでもないんだけど個人的メインは彼らがこの事件を通した心の動きというか、今回の作品見て思ったけど宮部さんは少年少女ものも意外にいいな思ったのでまた学園風なお話とか書いて欲しい。

トラックバックURL
http://aikarinksekai.blog14.fc2.com/tb.php/621-2f52f1df
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top