FC2ブログ
2015
06.23

「異世界にて痩せる想いなのです」相坂桃花

Category: 本の感想   Tags:レジーナ文庫

ぽっちゃり系残念女子の篠原ちまき22歳。ある夜、お腹を空かせてコンビニに肉まんを買いにいくと、帰り道でまさかの異世界トリップ!気がつくと、イケメンたちに囲まれていた。彼らはちまきに「異世界の乙女」として大事な儀式に参加してほしいと言う。数日の辛抱だと聞いて、協力することにしたけれど…ぽっちゃりしすぎで、儀式の衣装が着られない!?このままだと元の世界には帰れないようで―かくして、ちまきのダイエット奮闘記は幕を開けた!文庫だけの書き下ろし番外編も収録!
(「BOOK」データベースより)


面白かった!
ロマンスよりは仲良し交流系ですね。王子様とその愉快な部下たちとのドタバタコメディ。

儀式のために異世界に召喚された主人公だけど、そのぽっちゃり体型ゆえに衣装が入らなかった。元の世界に帰るためにはダイエットを!みたいな状況ですが別にダイエットものというわけではない。異世界から来る乙女に夢見ていた王子リーベルトは現れた主人公を見てものすごくがっかりする。なんかもう初めは散々な言われよう。でも主人公の女の子すごくいい子なんですよね。性格はおおらかで純粋で素直、ほんと普通の女の子っぽい雰囲気。なので最初の印象は悪くても徐々にみんなと馴染んでいく。そして王子の部下たちがまた個性的で、まずその王子を絶対と慕っている我が君極上主義なローセンスは、主人公に厳しい。もうとてつもなく厳しい。我が君のために痩せろとビシバシ迫ってくる。まあ後半に入ると、ちまきのことが気になってるようななってないような態度を取るリーベルトをからかうようになるので微笑ましいです。そして、召喚時にまわりからこれはないと微妙な顔をされた中、唯一、その丸っこいぷにぷにが可愛いと可愛いとちまきに纏わりつき、いやかいがいしく世話をし優しくしてくれたローレンスの双子の弟・ローウェルや、無表情でいつもぱくぱく物を食べている主人公の護衛役となった"最強の剣と盾"シン。我が君一番のローレンスとちまき愛し隊であるローウェルと、その真ん中にいるリーベルトとちまき。そこから若干離れてマイペースを貫くシンという構図がとても面白い。リーベルトは自分達の都合でちまきを召喚してしまいあげくダイエットをさせるという勝手を押しつけて悪いと思いながら素直にならずちまきに対してツン精神を発揮してしまうものの、後半だんだんと打ち解けていく感じほんとかわいい。でも恋愛まではいかないのですよね。まだ。
この手のものによく思うことだけど、王子とちまきの関係もいいですが、王子と部下たちの関係とか、個人的にはとても気になりまして、男連中の関係もおいしいタイプのお話です。

これ続いてくれるのかな。キャラもすごく良かったし続き読みたいです。
描き下ろしらしき料理店でバイトするお話もとても良かったし、シンの過去とか現状とか詳しく知りたくなってしまった。

こちら系、web系かな?全然詳しくないのでこれをデビュー作といっていいのかわからないけど文章の雰囲気も話の構成もとても好みのタイプだったし作者様の他の作品も読んでみたいです。
トラックバックURL
http://aikarinksekai.blog14.fc2.com/tb.php/636-c0151103
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top