FC2ブログ
2015
08.02

「悪の組織の求人広告 1 ~新入社員立志編~ 」喜友名トト

Category: 本の感想   Tags:MFブックス

自堕落な生活を送るニート青年・小森寧人(こもりねいと)がある日見つけた求人広告。『世界征服を目指す悪の組織です!明るく元気な職場が、あなたのヤル気を待ってます!』それは世界的大企業である悪の組織『メタリカ』の求人広告だった。難関面接を突破し、なんとかメタリカに入社した寧人だったが、配属されたのは庶務課…つまり戦闘員だった。そして、彼の前に立ちはだかる最強のヒーロー・ディラン。理不尽に統率された世界で、寧人は組織で出会った上司や美少女、同期のライバルと共に世界を変える戦いに挑んでいく。全ての働くオトナたちに贈る、悪の組織の立身出世物語ついに開幕!
(「BOOK」データベースより)


1巻~3巻まで読みました。
タイトルからすごく気になってたものの評判をあまり聞かなかったのでもう自分で買うことに。まあまあ面白かったです。

悪の組織ものといえば、悪といいつつそんな悪いやつではないか、ダークヒーロー行くタイプか、コメディかになるように気がしてたんだけど、これはどれも違う、ネット小説だからこそできた設定だなという気はしました。わりとあくどいことやってます。

基本はいいやつなんだけど、目的のためには手段を選ばない。底辺で生活していたため世界はクソだと思ってるまあそこらにいるニート的なやつがネット広告で悪の組織"メタリカ"に採用されてからわりと卑怯な手で正義のヒーローをやっつけてとんとん拍子に幹部に上り詰める。普段のおどおどしてる時と、ヒーローをだまくらかして倒す瞬間のギャップに味方も戸惑ってるけどこっちもおいてけぼり感は若干あります。目的のために手段は択ばない世界征服をするという野望が主人公の中でかっこたるものとしてあるみたいだけど、生まれ育ちのことはあるにしても突然そこまでの思考にたどり着いた理由がわかりにくいところがあってこの辺は共感はしにくいんですよね。しかもヒーロー役をとてもいい奴としてわざわざ描いているのでそのいい奴を逆手にとって傷ついた一般人を装ってふいをついてヒーローを倒すとかまじげすいと笑ってすませられない感じもするので好き嫌いは分かれそうです。

ヒーロー悪役ものの定番の好きになった人が敵にいたらみたいな設定がもし来ても(まだない)、葛藤しつつもそれでも俺は前に行く!みたいにあっさり殺しちゃいそうな危うさがあるので、主人公がどこまで上に行くか、行ってどうするのかはちょっと気になってこの先も見ていきたいと思います。

正直いうと、この程度で幹部までとんとん拍子にのし上がれるとか"悪の組織"というか世界がちょろいなと思わんでもない。主人公のすごさというのがあまり見えてこないんですよね。主人公の特性が"悪"であることらしいのですが、正直、この程度の悪いやつはそこらにいるだろうと個人的には考えてしまうので、そこらにいる"悪"とどう違うのかというのがあったらなとは思いました。

トラックバックURL
http://aikarinksekai.blog14.fc2.com/tb.php/646-e87e07a3
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top