2016
09.04

2016年8月読了本まとめ

Category: 読了本まとめ
2016年8月の読書メーター
読んだ本の数:17冊
読んだページ数:5317ページ

毒草王子と臆病姫 (一迅社文庫アイリス)毒草王子と臆病姫 (一迅社文庫アイリス)
読了日:8月31日 著者:滝上よしき
レディ・マリアーヌの婚約 (小学館ルルル文庫 う 1-31)レディ・マリアーヌの婚約 (小学館ルルル文庫 う 1-31)
読了日:8月31日 著者:宇津田晴
幽霊伯爵の花嫁 -恋する娘と真夏の夜の悪夢- (小学館ルルル文庫 み 4-19)幽霊伯爵の花嫁 -恋する娘と真夏の夜の悪夢- (小学館ルルル文庫 み 4-19)
読了日:8月29日 著者:宮野美嘉
死神の浮力 (文春文庫)死神の浮力 (文春文庫)
読了日:8月28日 著者:伊坂幸太郎
玉依姫玉依姫
読了日:8月24日 著者:阿部智里
正直に語る100の講義正直に語る100の講義
読了日:8月23日 著者:森博嗣
ひきこもりの乙女と週末探偵社 (コスミック文庫α)ひきこもりの乙女と週末探偵社 (コスミック文庫α)
読了日:8月23日 著者:紫堂零
異世界出戻り奮闘記 1 ~巫女だとバレずに帰ります!~ (アリアンローズ)異世界出戻り奮闘記 1 ~巫女だとバレずに帰ります!~ (アリアンローズ)
読了日:8月21日 著者:秋月アスカ
キミの名前 (PHP文芸文庫)キミの名前 (PHP文芸文庫)
読了日:8月21日 著者:朱川湊人
眠れない王様のお休み係 (ルルル文庫)眠れない王様のお休み係 (ルルル文庫)
読了日:8月18日 著者:宇津田晴
王女フェリの幸せな試練 (角川ビーンズ文庫)王女フェリの幸せな試練 (角川ビーンズ文庫)
読了日:8月12日 著者:時田とおる
ショコラと魔法使い (角川ビーンズ文庫)ショコラと魔法使い (角川ビーンズ文庫)
読了日:8月12日 著者:長岡マキ子
男爵令嬢は、薔薇色の人生を歩みたい (アイリスNEO)男爵令嬢は、薔薇色の人生を歩みたい (アイリスNEO)
読了日:8月10日 著者:瑞本千紗
異界山月記―社会不適合女が異世界トリップして獣になりました― (アイリスNEO)異界山月記―社会不適合女が異世界トリップして獣になりました― (アイリスNEO)
読了日:8月10日 著者:空飛ぶひよこ
永遠は誓えない (メリッサ)永遠は誓えない (メリッサ)
読了日:8月9日 著者:帰蝶
天冥の標Ⅳ: 機械じかけの子息たち (ハヤカワ文庫JA)天冥の標Ⅳ: 機械じかけの子息たち (ハヤカワ文庫JA)
読了日:8月6日 著者:小川一水
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…4 (一迅社文庫アイリス)乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…4 (一迅社文庫アイリス)
読了日:8月3日 著者:山口悟

読書メーター


17冊。まだまだ。

☆面白かった本
死神の浮力 (文春文庫)玉依姫正直に語る100の講義

今回は、伊坂さんの死神シリーズ2巻目『死神の浮力』と八咫烏シリーズ5巻目の『玉依姫』がダントツに面白かった。

『死神の浮力』はシリーズ2巻目で長編ということで、死神・千葉の人外ぶりがいかんなく発揮されてた。今回は悲壮な覚悟で殺された娘の復讐を計画する夫妻に密着ということで話が暗くなりがちなのに千葉の浮世離れした惚けた性格のせいでどこか弛緩した空気が漂っていて、どんなときもシリアスになりきれない、またそんな空気が逆に夫妻のささくれた心を癒す効果になってしまうという。最近の伊坂作品らしく気持ちの良い終わりかただった。このシリーズ続いて欲しい。
『玉依姫』今まで八咫烏たちの住まう世界の話だったのが今回は人間界から生贄として捧げられた女子高生の話。ふと思ったんだけど、ある場所が異界に通じていて、行方不明になるだけで死体が出ないのならば事件性も立証できず警察はどないしようもないですね。そんなわけでなぜ八咫烏たちと人間側の関係がわかった今巻。向こう側では八咫烏たちはどんな選択をするのか続きがとても楽しみです。

森博嗣さんの100の講義シリーズのエッセイもこれは私が森信者のせいか安定の面白さ。まえがきで、やたらと、これは考えを押し付けてるわけではなく自分はこう思いますよと話しているだけだと書いていたけど、そうですね、私も何も全面的に森さんの考えに賛成とかそういうわけでもないけど森さん独特の考えや思いを読むのはとても好きです。面白い。、
少女小説はわりと読んでるけど新規では特にピンときたものはなかったかも。いつもの宇津田晴さん宮野美嘉さんはルルル文庫が廃刊決定ということでルルルでは最後の本ということになってしまうのがとても残念です。本当に好きな作家さんなのでどうにか別の場所での活躍を願っています。


◆◆◆

アニメ『モブサイコ100』にはまりました。
ワンパンマンにはまった私が好きにならないわけがなかった。
トラックバックURL
http://aikarinksekai.blog14.fc2.com/tb.php/674-01cd334a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top