2016
11.13

2016年10月読了本まとめ

Category: 読了本まとめ
2016年10月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1744ページ

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)
読了日:10月31日 著者:時雨沢恵一
雪侯爵の銀灯師 みせかけ夫婦と王宮の庭 (コバルト文庫)雪侯爵の銀灯師 みせかけ夫婦と王宮の庭 (コバルト文庫)
読了日:10月14日 著者:白川紺子
令嬢鑑定士と画廊の悪魔 (角川ビーンズ文庫)令嬢鑑定士と画廊の悪魔 (角川ビーンズ文庫)
読了日:10月13日 著者:糸森環
押絵と旅する美少年 (講談社タイガ)押絵と旅する美少年 (講談社タイガ)
読了日:10月12日 著者:西尾維新,キナコ
借り暮らしのご令嬢借り暮らしのご令嬢
読了日:10月11日 著者:江本マシメサ
赤目姫の潮解 LADY SCARLET EYES AND HER DELIQUESCENCE (講談社文庫)赤目姫の潮解 LADY SCARLET EYES AND HER DELIQUESCENCE (講談社文庫)
読了日:10月8日 著者:森博嗣

読書メーター


そろそろ本読みの看板は下ろした方がいいのではと思った10月でした。

なんかもうほんとダメですね。
基本私は、本を電車で読む人間なんですが、とうとうスマホ契約をしてしまったのです。
なんということでしょう。これで電車でもスマホゲームが出来てしまう。
本が読みたくないわけではなく、そこにスマホがあり、ゲームの限定イベントがあれば、今しかない時間をそこに使ってしまうではありませんか。本を読むということはゲームの時間を減らすということで、何かを得るためには何かを犠牲にしなくてはならないのだ。とまじまじと優先順位を考えてしまいます。いやどうしても本ならいつでも読めると思ってしまうのです。だがイベントは待ってくれないのだ。しかも家では、今話題の「文豪とアルケミスト」(通称文アル)というブラウザゲーにはまってしまい、時間はそこでも。刀にははまらなかったのに。なんだかんだで、最新のものには一度は手を出してしまう自分のミーハー度がにくい。

本関連で今強烈にはまっているのは、前々から言っている『本好きの下剋上』ですね。
これが最近強烈に盛り上がっていて、作者曰く終わりも近いということでまさにクライマックスな展開で、しかもwebが平日毎日更新というおそらく商業では考えられない更新速度なので、毎日の盛り上がりが激しいのです。
ということで『本好きの下剋上』はまじでおススメなので読んでない人は読みましょう。今ならまだ終わり前に間に合いますよ。

トラックバックURL
http://aikarinksekai.blog14.fc2.com/tb.php/680-840ef52f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top