2018
05.06

「探偵が早すぎる (上)」井上真偽

Category: 本の感想

父の死により莫大な遺産を相続した女子高生の一華。その遺産を狙い、一族は彼女を事故に見せかけ殺害しようと試みる。一華が唯一信頼する使用人の橋田は、命を救うためにある人物を雇った。それは事件が起こる前にトリックを看破、犯人(未遂)を特定してしまう究極の探偵!完全犯罪かと思われた計画はなぜ露見した!?史上最速で事件を解決、探偵が「人を殺させない」ミステリ誕生!
(「BOOK」データベースより)


人を殺す前に犯人を捕まえるミステリー、といえば古畑システム(犯人視点で作戦を練っている最中にででーんと探偵が登場)しかないと思ってたけど、システムとしては概ねそれだった。
ただ、読む前はそれで面白くなるのかと思っていたけれど、思ってた以上に工夫されてて面白くなってた。遺産相続した女子高生(一応主人公)視点から、彼女を狙う一族の一派たち、特に悪役視点は変にシリアスではなく、どちらかといえば戦隊ヒーローの悪役のごとくちょっと笑えるような(いや笑っちゃまずいけど)コメディチックな所作も多く楽しく読めた。
おそらく味方側である"トリック返し"と呼ばれる探偵?がいい意味で非日常的なキャラで爆弾を仕掛けてきた相手に逆に仕掛け返しをして相手を吹っ飛ばしたり躊躇なくするようなキャラが、つまりそういう世界観が自分の好みにもがっちり合い、この作者様は自分と"合う"タイプだと思いました。ちょっと他の作品も読んでみたいです。

トラックバックURL
http://aikarinksekai.blog14.fc2.com/tb.php/711-32788d5d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top