FC2ブログ
2019
01.02

2018年11月&12月読了本

Category: 読了本まとめ
11月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1368

31番目のお妃様 2 (ビーズログ文庫)31番目のお妃様 2 (ビーズログ文庫)
読了日:11月24日 著者:桃巴
美女たまに野獣 ときどき行方不明の魔術師 (ビーズログ文庫)美女たまに野獣 ときどき行方不明の魔術師 (ビーズログ文庫)
読了日:11月22日 著者:山咲 黒
転生! 太宰治 転生して、すみません (星海社FICTIONS)転生! 太宰治 転生して、すみません (星海社FICTIONS)
読了日:11月17日 著者:佐藤 友哉
幻獣の求婚 はぐれ龍と家庭教師 (一迅社文庫アイリス)幻獣の求婚 はぐれ龍と家庭教師 (一迅社文庫アイリス)
読了日:11月10日 著者:小田 マキ
華陽国後宮史 龍は桃下に比翼を請う (角川ビーンズ文庫)華陽国後宮史 龍は桃下に比翼を請う (角川ビーンズ文庫)
読了日:11月09日 著者:九月 文


12月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1062

探偵が早すぎる (下) (講談社タイガ)探偵が早すぎる (下) (講談社タイガ)
読了日:12月30日 著者:井上 真偽
番犬従者と令嬢調停官 あなたのケンカ、仲裁いたします! (一迅社文庫アイリス)番犬従者と令嬢調停官 あなたのケンカ、仲裁いたします! (一迅社文庫アイリス)
読了日:12月24日 著者:伊月 十和
没落令嬢の異国結婚録3 (ビーズログ文庫)没落令嬢の異国結婚録3 (ビーズログ文庫)
読了日:12月23日 著者:江本 マシメサ
裏世界ピクニック ふたりの怪異探検ファイル (ハヤカワ文庫JA)裏世界ピクニック ふたりの怪異探検ファイル (ハヤカワ文庫JA)
読了日:12月10日 著者:宮澤 伊織
孤独の価値 (幻冬舎新書)孤独の価値 (幻冬舎新書)
読了日:12月02日 著者:森 博嗣

読書メーター


記録用にまとめてペタリ。


『転生!太宰治~』
自殺はずの太宰が気が付いたらなぜか現代にトリップしていて、戸惑いながら順応したり反発したりしながら生活していく話。異世界転生逆バージョン。こういうの大好きです。過去の人間が現代社会に戸惑うという設定はままあるんだけど、そこまで多くないんだよね。個人的には異世界から現代社会にトリップすればいいのに思うけど異世界側の土台がしっかりしてないと難しいのかな。自分だけ魔法が使えて現実世界を無双!とか。魔法で何を無双するのかわからんけど。敵が出たらただの異能力ものになってしまうのであくまで価値観の違いを楽しむようなやつがいいな。

『裏世界ピクニック』
読む前は、完全にファンタジーものかと、一般社会にダンジョン的なものが認知されてるような話かなと思っていたら全然違った。あくまでベースは現実で、そこから非現実の世界に入り込むという、どちらかといえばSFホラー。突如として現れる謎の世界への入り口。その世界には妖怪やら都市伝説の怪異の欠片みたいな存在が蠢いていて、それが結局なんだかわからないままというのがとてもいい。わからないまま女子大生ががむしゃらに一つ一つ考えて対処していく。その過程の中で二人がお互いのことを知って徐々に仲良くなっていく様も良い。続きもとても楽しみで読んでいきたいです。


◆◆◆

『探偵が早すぎる』の感想というわけではないが、"探偵"というのは装置であって欲しかったなと。探偵に人情味を持たせるのもそれはそれでいいのでそれ自体がダメというわけではないが、それまで完璧な探偵像を保っていたキャラが最後に崩れるというのはそこを狙っているので是非は何ともいえないが個人的にがっくり感がある。後、これドラマ版はどんな感じだったんだろう。全然見てないのでちょっと興味があります。

トラックバックURL
http://aikarinksekai.blog14.fc2.com/tb.php/717-49813490
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top